「学びの森」利用案内

■利用時間

開 館 時 間 8:30 ~ 17:15
利 用 時 間 9:00 ~ 17:00
休 館 日 祝日
年末年始( 12月29日~翌年1月3日)

 ※ 利用時間には、「準備」から「後片付け」までの時間も含みます。
 ※ 利用時間を延長する場合は、1時間を限度に許可できる場合があります。


■施設使用の申し込み

 申請書をダウンロードの上、使用希望日の6ヶ月前の同日から7日前までに
文化交流センター窓口へ提出してください(電話による仮予約可)。
 なお、申請の際には印鑑が必要になりますので、忘れずにお持ちください。



■施設状況

利 用 可 能 ・大ホール
・生涯学習館(※現在、一部利用不可)
・歴史民俗資料館(※当面の間、休館)
利 用 不 可 ・ボランティアルーム(生涯学習館)
・IT研修室(生涯学習館)


■施設使用料

●生涯学習館 (会議室、研修室等): 有 料 [料金表]
 ※ 富岡町民が使用する場合は、無料(当面)。
   申請の際は、必ず減免申請書と併せて申請してください。

●大ホール:有 料 [料金表]
 ※ 使用者が富岡町民の場合でも有料となります。

■使用料の減免(富岡町生涯学習館管理運営規則:第11条第1項より)

(1)町、議会、行政関係機関、教育委員会及び教育関係機関等が主催する行事に使用する
   ときは、使用料の全額を免除する。
(2)町内に住所を有する4歳児から小・中学生及びその同伴者が土曜日に使用するときは、
   使用料の全額を免除する。
(3)町及び教育委員会が共催又は後援するときは、使用料を免除又は100分の60に相当
   する額を減額できるものとする。
(4)国及び他の地方公共団体が主催する行事に使用するときは、使用料の100分の60に
   相当する額を減額できるものとする。
(5)その他教育長が特に必要と認めたものは、使用料を減免することができる。

■使用料の支払い(有料の場合のみ)

 ご利用になる際は、使用料の支払いをお願いします。直接お支払いになる場合は、
文化交流センター窓口にてお支払いをお願いします。
※ 詳しくは、使用許可書を発行の際、お知らせいたします。

受 付 時 間  8:30 ~ 17:15(休館日を除く)



■管理運営規則・文化交流センター条例

富岡町生涯学習館管理運営規則PDF:235KB

富岡町文化交流センター条例PDF:218KB



■ 施設使用について

・ 当日、受付窓口にて鍵の受け渡しを行います。
・ 各諸室の机・イス、その他備品のレイアウトを変更した場合は、必ず使用前と
  同じ状態になるよう原状復帰をお願いします。
・ お帰りの際は、戸締りの確認・施錠をしてから鍵を窓口まで返却して下さい。
・ ご使用の際に出たゴミは全てお持ち帰り下さい。
 ※ 館内にゴミ箱の設備はございません。
・ ご使用の際に室内の机、イスおよびカーペット等が汚れた場合は、必ず清掃をして
  下さい。※ 水拭き用の雑巾を窓口にてお渡しいたします。
・ 当館より貸し出した備品は全て返却して下さい。
  また、館内倉庫などから出した設備類も全て元の場所に片付けて下さい。


■ 注意事項

・ 原則、準備および片付けは使用許可を受けた時間内に実施して下さい。
 ※ 施設利用時間は9:00 ~ 17:00です。(R2年度)
・ 諸室の鍵の館外持ち出しはご遠慮下さい。
  使用中に外出される際は、必ず鍵を受付窓口にお預け下さい。
・ 当館より貸し出しできる設備以外で、必要な設備・備品等については、使用者側で
  準備していただくようにお願いいたします。


■ そ の 他

・ 当館では、使用中に生じた盗難事故について一切の責任を負いませんので、
  手荷物等の管理は主催者側で注意を促すようにお願いいたします。
・ 当館の器物・備品・貸出設備を破損、損傷、紛失された場合は全額弁償して
  いただきます。なお、使用者側の操作、取扱いミスによる場合も同様です。
・ 搬入出を含む設備の設置、使用中の人的・物的事故については全て主催者側の
  責任とし、当館は一切の賠償を致しません。主催者側において必要に応じて必ず
  保険等に加入して下さい。


★新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、次の措置を遵守して頂きます
 ようお願いします。


●施設使用上の対策


・各室ごとに設定している人数を超えて使用しないでください。
 また、座席の指定を行っている施設(大ホール、視聴覚室)では、指定席以外の席を
 使用しないでください。
・机、椅子の配置を変更する場合には、できるだけ2m(最低1m)の間隔を空けて配置し、
 対面での配置をできるだけ回避してください。
・使用時間中、1時間に1回程度、室内の換気を行ってください。
・会議等の参加者に対して事前に検温を依頼するとともに、次のいずれかの該当者について
 は参加自粛を要請してください。
 ①37.5度以上(または平熱比1度超過)の発熱がある者
 ②息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさや、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある者
 ③過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある者
・飛沫感染防止のため、会議等の参加者に、常時マスクの着用と咳エチケットを徹底して
 ください。
・接触感染防止のため、会議等の参加者に、手洗い・手指消毒を徹底してください

●施設使用後の対策

・机、椅子の配置を変更した場合には、使用後、必ず使用前と同じ状態になるよう原状復帰
 をお願いします。その際、窓や出入口ドアを開放し十分換気をしながら行ってください。
・机、椅子などの使用物品や出入口のドアノブや照明機器等のスイッチなどは、換気をしな
 がら使用者の責任において消毒してください。なお、消毒用資材は使用者が持参し、作業
 で出たごみはお持ち帰りください。
 ただし、大ホールなどは、消毒作業を業者に委託(有料)できます。(要相談)
・施設の使用後、鍵の返却の際に「施設使用報告書」(所定様式)を提出してください。

●施設使用者名簿の作成・保管等

・施設使用団体の代表者は、主催者を含めた参加者全員の「氏名」及び「緊急連絡先」等を
 記載した「施設使用者名簿」(任意様式でも可)を作成し、保管しておいてください。
・感染者の発生等により保健所から当館に照会があった場合、当館は施設使用団体の代表者
 の連絡先を保健所に紹介するので、その後は名簿の提出など保健所の指示に従ってくださ
 い。
・名簿については感染症拡大防止という「公益」の目的でのみ使用されることを周知し、参
 加者の同意を得てください。

文化交流センターご利用にあたってPDF:158KB
新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてPDF:130KB