富岡町アーカイブ施設整備事業の造成工事が完了しました。

富岡町アーカイブ施設整備事業の造成工事が完了しました。

 富岡町アーカイブ施設整備事業は東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故など、複合
災害の被災地域である当町の様々な経験の継承と教訓を発信する。
 富岡町の魅力が詰まった歴史・文化と未来に伝えなければならない震災の教訓を地域資料
震災遺産を通して発信・展示するため、地域の学習・交流の場を整備し、町民の”心”と”ふるさと”の復興及び交流促進を図るものです。
 整備に関して平成31年4月から令和元年11月8日までの工期で整備のための造成工事が行われました。造成工事は「福島特定原子力施設地域振興交付金事業」により工事を実施し、敷地面積約11,500平方メートルに対して敷地造成並びに一部外構の設置が行われました。整備に際して、今後速やかに建築工事に着手し整備を進めてまいります。




2020年01月20日| 分類:お知らせ